本当に肌に優しい洗顔の仕方について

MENU

事前に手をキレイに洗っておきましょう!

 


意外と一番重要なんです!

 

手の甲や指の間が汚れていると泡立ちにくくなるからです。

 

肌に優しい洗顔をするには、弾力のある泡で洗うことが重要で、泡立ちが悪いとどうしても汚れが取れにくくなります。

 

両手を器にして持てるくらいの量のふわっとした泡で洗顔をするのが理想です。

 

泡は顔全体にのせ、手は肌に触れないようにして、下から上へと顔の中心から外へ円を描くように滑らせていくのが、肌に優しい洗顔のコツになります。

 

また、効果的に洗顔をするには、蒸しタオルかぬるま湯で毛穴を開かせておくと良いでしょう。

 

そうすると汚れが浮き上がりやすくなり、優しく洗顔することができます。

 

水の温度も大事で、できれば32度くらいの低めの温度が理想です。

 

温度が高いと余分な皮脂までとれ、乾燥肌になってしまうからです。

 

洗顔後のすすぎも大事で、額の生え際からこめかみ、フェイスラインへと上から泡がとり切れるまでしっかり洗い流します。


肌(顔)シェービングの効果と注意点とは?

顔のシェービングの効果と言えば、何と言っても肌が白くなるところです。
シェービングするとうぶ毛がなくなるので、見た目、肌が白く見えます。顔にはうぶ毛が無数に生えていて、
陽光を浴びたり、照明に照らされると非常によく目立ちます。

 

女性の場合、化粧をしますが、うぶ毛があると、余計に目立ったりします。
うぶ毛は黒色をしているので、色が白い人でも、肌がどうしても濃く見えてしまいます。

 

顔のシェービングをするし、肌が白くなり、化粧のりも良くなります。
シェービングで汚れを取って、均一な肌に仕上げれば、化粧ののりが飛躍的に良くなります。

 

顔のシェービングで注意しなければならないのは、肌のコンディションの良い時にすることです。
悪い時にすると、どうしてもカミソリのあたりが強く感じたり、赤みやかゆみが出ることがあるので要注意です。

 

また、顔そりをした後は、当日の手入れが一番大切です。
シェービング直後は、ピーリングや肌に刺激の強いものでの洗顔は控えることです。

 

また、シェービングを終えたその日は、お風呂に入るのも控えましょう。そして雑菌の侵入による炎症にも気を付けなければなりません。