マツエクを付けている時のクレンジング

MENU

ノンオイルでしっかりオフできるクレンジングを選ばなければなりません。

 


注意しないと短命に!

 

まつげエクステ着用時にクレンジングする時は、注意しなければなりません。

 

先ず基本、オイルベースのクレンジングは使わないことです。

 

また、クレンシングする際は、決してこすってはいけません。

 

目元をこすってしまうと、エクステが取れやすくなり、向きが変わってしまうので、こすらずになでるようにすることです。

 

オイルクレンジングは強い洗浄力があり、細かい粒子が、まつ毛エクステと自分のまつ毛をくっつけている接着剤まで落としてしまう恐れがあります。

 

まつげエクステを長持ちさせるには、クレンジングはジェルタイプのものか、クリームタイプのものを使いましょう。

 

まつげエクステ着用時にクレンジングする時は、コットンや綿棒などを使ってやさしく拭き取るのがコツで、
面倒に感じるかもしれませんが、エクステのためにはそうした方法が一番です。


ゴシゴシ洗いは危険!

マツエクを付けている時の正しいクレンジング方法は、強い摩擦をさけ優しくクレンジングすることです。

 

マツエクをつけている時は、力を加えてごしごし洗うのはダメで、まつげにそって優しくマスカラを落としていかなくてはなりません。

 

刺激が強すぎるとまつげやエクステが抜け落ちてしまうからです。

 

オイルクタイプは洗浄力が強いので、刺激が強すぎ、まつげやエクステには向いていません。

 

クレンジングする時は、オイルフリーが基本で、オイルクレンジングを使用してはいけません。

 

マツエクを出来るだけ長持ちさせたいなら、そうすることです。

 

マツエクを付けている時は、オイルは厳禁で、クレンジングはミルクかジェル、リキッドを使用しましょう。

 

そして、たっぷりとクレンジングをつけてこすらないようにして落とすことです。

 

また、メイク落としをする時は、指でするより摩擦が少なくてマツエクにやさしい綿棒ですると良いでししょう。

 

ノンオイルのクレンジングジェルなどをまぶたに乗せ、まつげの生えている方向に向かって優しく指を動かしていくのが、
マツエクを付けている時の正しいクレンジング方法になります。