MENU

クレンジング方法を意識するだけで肌が生まれ変わります!

 


正しいクレンジング方法は、たっぷりの量ですばやく落とすのがコツなんです!

 

500円玉大を手に取り、たっぷりの量で一気にクレンジングし、すばやく洗い流します。

 

クレンジング剤を洗い流す時は、手のひらで肌をこすらず、顔にお湯をかける感じで洗い流すようにします。

 

クレンジング剤の量が少ないと肌の摩擦が生じて肌を痛めることになるので、ケチケチ使うのはあまりよくありません。

 

クレンジングの際は、絶対に顔をこすってはいけません。

 

こするとニキビが悪化したり、シミができる原因になるので、クレンジングする時は5本指を使って、
クルクルとやさしく円を描きながら洗う面積を増やしていき、やさしくメイクオフすることです。

 

クレンジングでメイクを落とす順番は、皮脂が一番多いTゾーンから攻めることです。

 

おでこの中心から鼻の頭、そしておでこの中央からこめかみへと向かい、らせんを描くようにしてクレンジング剤をなじませていきます。

 

頬と口の周りは、顔の中心から外側に向かってらせんを描くようにしてなじませていきます。


30代のスキンケアで特に注意するポイントとは?

30代に入ると、肌が徐々に刺激に対して弱くなり、肌トラブルに敏感になるので、日々のスキンケアには十分、注意する必要があります。

 

ポイントは、肌にやさしいケアをすることで、新陳代謝の衰えを防止し、老廃物の排出を促すようにしなければなりません。

 

真皮層では、シワやたるみが起こりやすくなるので、コラーゲンなどを積極的に摂取していきましょう。

 

30代になると、肌のたるみが起きやすく、たるみは自分ではなかなか気づきにくく、気づいたときには、元にもどらない、ということがよくあります。

 

筋肉の衰えと肌の水分不足が原因でたるんでくるので、30代のスキンケアでは、たるみの予防を開始して、たるまないようにしなければなりません。

 

30代のスキンケアは、洗顔後、保湿効果の高いローションを使用し、肌内部からしっかり潤す必要があります。

 

たっぷりとローションを使い、水分と脂分のバランスを整えていくことを忘れてはいけません。

 

肌のバリア機能を高めることに重点を置き、ローションをつける時は、パッティングすることです。
肌の水分量をあげるスキンケアを積極的に取り入れていきましょう。